ホームスマホ検索記事掲示板
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. OPPOがENCO W31の後継機、ENCO W11を6月25日に発売予定

OPPOがENCO W31の後継機、ENCO W11を6月25日に発売予定

ガジェオタ編集部 • 2020-06-22 09:50

Oppoは6月25日にインドで新型のTWSイヤホンを発売するようだ。新しいOppo ENCO W11は、以前に発売されたENCO W31と比較して、2,999ルピー(約4,175円)と低価格で発売される予定だ。

インドECの巨人・FlipkartでENCO W11のティーザーページも公開された。この新しいTWSイヤホンは、重量がわずか4.4グラムで、他のENCO TWSイヤホンよりも軽量になる。Oppoによると、シリコンチップを使用した角度のあるデザインは、ユーザーに快適なフィット感と密閉性を提供するという。

ティーザーページには、10メートル以内の距離にあるペアリングされたデバイスにイヤホンが接続されると、イヤホンが自動的に接続を再開することも示されている。ただし、Googleの高速ペアリングサービスをサポートしているかどうかは不明だ。さらに、ENCO W11はENCO W31と同様にタッチコントロールにも対応する。

1回タップすると音楽の再生/一時停止、2回タップすると曲の変更や通話の応答/拒否、3回タップすると音声アシスタントを起動することができる。TWSのハイライトは、他の多くのライバルにはないボリュームを調整するためのタッチアンドホールドだ。また、ティーザーページではノイズキャンセリングの言及があるが、正確な詳細は、正式なリリースまで待たなければならない。

最も重要な部分であるオーディオは、チタンメッキのコンポジットダイヤフラムを採用した8mmのダイナミックドライバーユニットを搭載しているという。これはENCO W31に搭載されている7nmmドライバーに比べてわずかに大きい。Oppoは、イヤホンが低音出力を強化し、AACオーディオコーデック形式をサポートすることにも言及してるが、SBC、LDAC、QualcommのaptXなどの他の形式については言及されていない。

興味深いことに、新しいENCO W11のバッテリーは最大20時間を実現している。イヤホン自体は、1回の充電で5時間の再生が可能だ。これは、以前発売されたW31とM31の15時間再生よりもかなり長い。

その他の機能としては、低遅延モードに対応したBluetooth 5.0やIP55レーティングなどがある。比較すると、ENCO W31はIP54とやや低めだ。

Source : gizchina

画像 : Flipkart

シェア
ガジェオタ編集部による記事です。ガジェオタは、国内スマホ・海外スマホを網羅した、日本最大級スマホデータベースです。スマホのスペック・価格・発売日・レビュー・口コミ・Antutuを全て網羅したサイトで、比較やランキングでおすすめの機種を見つけることができます。
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. OPPOがENCO W31の後継機、ENCO W11を6月25日に発売予定