ホームスマホ検索記事掲示板
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. Hohem iSTEADY X2 ジンバルレビュー 格安なんだけど精度・質感高め

Hohem iSTEADY X2 ジンバルレビュー 格安なんだけど精度・質感高め

ガジェオタ編集部 •

Amazonで販売されているiSTEADY X2を提供していただいたのでレビューしようかと思います。

このジンバル、Amazonで9,999円で販売されていますが、現在1,000円オフクーポンが配布されています。低価格帯のスマートフォンに取り付けるジンバルがほしい方におすすめの一品です。

目次

いいかも!

  • 約8,000円で購入できるのに追従性、精度が高い。
  • 質感は上質。
  • ジェスチャー機能対応。
  • 三脚同梱。
  • EIS(電子手ブレ補正)搭載のミッドレンジクラス以下のスマートフォンにおすすめ。

イマイチ...

  • 起動するのにHohem アカウントを作成する必要がある。
  • 使用にはある程度慣れが必要。
  • フルでジンバルを活かす場合は、専用のカメラアプリを使用する必要がある。
  • OIS(光学式手ブレ補正)の強いハイエンドスマートフォンではあまり意味ないかも。

同梱物

同梱物は以下の通り。

  • 本体
  • 三脚
  • ストラップ
  • クイックスタートガイド
  • USB Cケーブル
  • 専用ケース

気づいた方も多いと思いますが、本体は折りたたみ式です。重量は259gで持ち運びにも優れています。また、充電ポートがUSB Cポートとなっており便利。クイックスタートガイドも丁寧に記載されており、初心者でも使用しやすいはずです。

スペック・仕様

製品名 Hohem iSteady X 3軸 スマホジンバル
製品重量 259g
製品寸法 179*79*49mm
主要材料 高性能複合材料
機械的なチルト範囲 320°
機械的なロール範囲 320°
機械的なパン範囲 320°
バッテリータイプ 18650充電式リチウムバッテリー(3.7V、2000mAh)
バッテリー駆動時間 8時間
操作ボタン 電源ボタン/シャッターボタン/ジョイスティック/ズームスライダー
スマホ最大耐荷重 280g
対応端末 Phone SE2/7/8/x/xr/xs/xs max/11/11pro Samsung Galaxy S10+など(280g以下のスマートフォンほぼすべて)

専用のアプリには機能いっぱい

ジンバル使用時には、専用のHohem iSTEADY X2をインストールして、アカウントを作成する必要があります。このアプリは、カメラ機能や使用方法、端末内のアルバムを見ることができるアプリです。ビデオチュートリアルがすぐに確認できるので、どんな方でもすぐに使用できそうです。

接続は本体とジンバルをBluetooth接続して使います。機能には、映画のように被写体の大きさはそのままに、背景を引くことができるヒッチコックモードや、パノラマビデオ、タイムラプス、早回し撮影などがあります。ただし、これは専用アプリを使用した場合で、OSにインストールされているアプリを使用した場合には、これらの効果をフルで使用することはできません。

モード切替操作方法

  1. (パン&チルトフォローモード)シャッターボタンを長押しすると同時に、電源ボタンを1回押します。
  2. (パンモード)シャッターボタンを長押しすると同時に、電源ボタンを2回押します。
  3. (オールロック)シャッターボタンを長押しすると同時に、電源ボタンを3回押します。
  4. (POVモード)シャッターボタンを長押しすると同時に、電源ボタンを4回押します。

ボタンはクリック感もありグッド。反応速度もよく、ボタン操作は快適です。

端末を挟むタイプだけどサイドは削れない

Hohem iSTEADY X2は端末を挟めて使用します。装着感は硬すぎず、柔らかすぎず。端末のサイドが削れることなく使用可能です。よくあるじゃないですか、端末を挟むと硬すぎて端末サイドが削れてしまう三脚。このジンバルでは大丈夫でした。

本体の質感はちょっとプラスチッキー。でも安っぽさは感じず、強度もあるように感じます。

持った感じはいかにもジンバルって感じ。ヌルヌル動いてくれるし、持つ部分が細めに作られており、グリップ感も非常にいいです。

性能

歩きながら撮影しても自然に追尾してくれるのでビデオの映像は滑らか。3軸の手ブレ補正のおかげで、撮影したビデオが映画のように撮影可能です。走りながら撮影してもきちんと追従してくれる感じで、高級ジンバルを購入する必要はあるのかなと思いました。

また、ジンバルのジャイロ感度がいい感じに調節されされているのか、複雑な動きに対してもきちんと機能してくれます。

ジェスチャー機能搭載

Hohem iSTEADY X2に何も触れずにジェスチャーでコントロールできるのはいいと思いました。前面カメラ、背面カメラともにジェスチャー(パーやチー)を認識して自撮りなどが行なえます。

実際に使用してみると、若干ラグはありますが、十分実用的です。

まとめ(感想)

Hohem iSTEADY X2は格安ながらもしっかりとした品質、精度が期待できる商品です。ただし、最近のハイエンドスマートフォンはジンバル並の滑らかさと手ブレ補正を兼ね揃えているのでそこまで必要性を感じないかもしれません。

今回テストした端末はOnePlus 9 ProHuawei P40 Pro。両端末とも手ブレ補正が非常に強力で、滑らかな映像が撮影できます。メーカーが最初にインストールするカメラアプリも優秀です。したがって、効果を実感しにくい状態で専用アプリを使用してまで使う価値はあるかというと...。

しかし、ジンバルによって滑らかで手ブレは最小限に抑えられていたので、低価格帯のスマートフォンなら259gの本製品を使用する価値はあるかもです。

また、インカメラEIS(電子手ブレ補正)をメインで使用する場合は、手を伸ばした状態で手ブレを最小限に抑えられるため、インカメラをメインで使用する場合にはいいかもしれません。画角も広くなりますし。そういった使い方ならばおすすめできる製品に仕上がっているように感じました。

Amazonでは1000円オフ クーポンセール中!

シェア

ガジェオタ編集部(@gajeota_com)による記事です。ガジェオタは、国内スマホ・海外スマホを網羅した、日本最大級スマホデータベースです。スマホのスペック・価格・発売日・レビュー・口コミ・Antutuを全て網羅したサイトで、比較やランキングでおすすめの機種を見つけることができます。

こちらもおすすめ

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. Hohem iSTEADY X2 ジンバルレビュー 格安なんだけど精度・質感高め