ホームスマホ検索記事掲示板

Huawei Mate 10 Liteのスペック、特徴、価格、対応バンド、Antutuスコア、レビュー、口コミ

更新日:2021年11月5日

TwitterFacebook

Huawei 2017年10月 不明 発売価格¥46,000~

Huawei Mate 10 Lite

2.9

スクリーン:5.9” FHD+ LCD IPS
重さ:164 g
バッテリー:3,340 mAh
指紋認証
VoLTE
イヤホンジャック
アウトカメラ:-
-
DxOMarkスコア:-
Antutuスコア:87,221第1626位
メモリ:4 GB
ストレージ:64 GB
5G対応:
4Gバンド:
KDDI au
NTT Docomo
Rakuten Mobile
Softbank

グローバル

ラタム

その他

外観システムカメラネットワークその他

※こちらの情報は参考情報になります。ご購入前には公式サイトにて情報を最終確認の上、ご購入下さい。また、機種によっては販売国によって対応バンドが異なる場合もありますので、ご購入の際にはご注意下さい。

Mate 10 Liteは中国のメーカーHuawei(ファーウェイ)が2017年9月に発売したスマホです。このスマホにはミドルレンジクラスの処理能力を持つSoC、HiSilicon KIRIN 659が搭載されています。画面サイズは5.9インチでFHD+曲面ディスプレイです。厚さは7.5mm、重さは164gで、カラーは黒と青合わせて2種類があります。

HiSilicon KIRIN 659搭載の4年前のミドルレンジモデル

Mate 10 Liteは2017年0月に発表されたHuawei社のミドルレンジクラスモデル用のSoCであるHiSilicon KIRIN 659を搭載しています。Antutuスコアは、87221と現在では利用用途がかなり限定される性能となっています。メモリも4GB、ストレージは64GBとアプリや写真などの数によっては若干不安があります。

カメラ

Mate 10 Liteのアウトカメラにはデュアルカメラが搭載され、カメラの最大画素数は不明です。

3340mAhのバッテリー

Mate 10 Liteは3340mAhのバッテリーで急速充電とはなどに対応していません。

Mate 10 Liteの対応バンド

Mate 10 Liteのドコモ回線対応状況

LTEはバンド1(全国区カバー)、バンド3(東名阪の高速通信)の2つのバンドは対応していますが、地下や郊外を担当プラチナバンド(バンド19)には対応していません。従って、ドコモ回線で郊外に行くと通信が比較的につながりにくくなる可能性があります。

Mate 10 Liteのau回線対応状況

LTEは主要周波数帯の1だけに対応、プラチナバンド18、28は対応していません。LTEの利用は厳しいです。

Mate 10 Liteのソフトバンク回線、ワイモバイル回線の対応状況

バンド1(全国区カバー)とサブバンド3にのみを対応。プラチナバンド8には対応していないため、ドコモ回線での4G/LTEの使用は困難な場合が多いでしょう。

Mate 10 LiteのMNO楽天モバイル回線対応状況

自社回線のバンド3のみを対応して、パートナー回線(au)のバンド18は対応していません。MNO楽天モバイル自社エリア以外では使えないでしょう。

外観

ハードウェア

サイズ
75.2 mm156.2 mm7.5 mm
重量
164 g
画面占有率
76%
素材
アルミニウム合金

スクリーン

画面サイズ
5.9”
アスペクト比
18:9
パネル種類
LCD IPS
解像度
1080 × 2160FHD+
画素密度
409 ppi
その他
  • ノッチなし
  • LED通知
  • 2.5D曲面ガラススクリーン
  • GFFフルラミネーション
  • 静電容量方式
  • マルチタッチ

システム

プロセッサー

SoC
HiSilicon Kirin 659
CPU
  • 4x Cortex A53 2.36 GHz
  • 4x Cortex A53 1.7 GHz
CPUコア数
オクタコア
クロック数
2.36 GHz
64ビット
あり
GPU
ARM Mali-T830 MP2

メモリ・ストレージ

メモリ
4 GB
ストレージ容量
64 GB
HiSilicon Kirin 659のスマホ一覧

ベンチマーク

Antutuスコア
87221

セキュリティ

指紋認証
あり

センサー

指紋センサー
あり
近接センサー
あり
環境光センサー
あり
加速度センサー
あり
コンパス
あり

その他

通知LED
Color LED Notifications
冷却システム
なし

カメラ

アウトカメラ

フラッシュ
なし
光学手ぶれ補正
なし
スローモーションビデオ
なし
機能
  • 4Kビデオ撮影
  • デジタルズーム
  • デュアルカメラ
  • AF
  • タッチフォーカス
  • デュアルインカメラ
  • 連続撮影
  • ジオタグ
  • パノラマ
  • HDRとは
  • 顔認識
  • ホワイトバランス設定
  • ISO設定
  • 露出補正
  • シーンモード
  • セルフタイマー

その他

エキストラ
  • PDAFとはフォーカス
  • 第2アウトカメラ:2MP
  • 第2インカメラ:2MP

ネットワーク

バンド

4G/LTE
B1 (2100)B3 (1800)B7 (2600)B38 (TDD 2600)B39 (TDD 1900)B40 (TDD 2300)B41 (TDD 2500)
3G
B1 (2100)B5 (850)B8 (900)B34 (TD 2000)B39 (TD 1900+)
2G
CDMA BC0 (800)B2 (1900)B3 (1800)B5 (850)B8 (900)

SIMカード

種類
デュアルSIM

Wi-Fi

規格
802.11b802.11g802.11n
その他

Bluetooth

バージョン
Bluetooth 4.2 LE
プロフィール
A2DP

対応バンド

4G/LTEプラチナバンド
  • 2G: 1/2
    • CDMA BC0 (800)
    • CDMA BC6 (2Ghz)
  • 4G/LTE: 2/6
    • B1 (2100)
    • B11 (1500)
    • B18 (800)
    • B28 (700)
    • B41 (TDD 2500)
    • B42 (TDD 3500)
4G/LTEプラチナバンド
  • 3G: 2/3
    • B1 (2100)
    • B8 (900)
    • B11 (1500)
  • 4G/LTE: 3/7
    • B1 (2100)
    • B3 (1800)
    • B8 (900)
    • B11 (1500)
    • B28 (700)
    • B41 (TDD 2500)
    • B42 (TDD 3500)
FOMAプラスエリア3G4G/LTEプラチナバンド
  • 3G: 1/3
    • B1 (2100)
    • B9 (1800 Japan)
    • B19 (800)
  • 4G/LTE: 2/7
    • B1 (2100)
    • B3 (1800)
    • B9 (1800 Japan)
    • B19 (800)
    • B21 (1500)
    • B28 (700)
    • B42 (TDD 3500)
自社回線パートナー回線
  • 4G/LTE: 1/2
    • B3 (1800)
    • B18 (800)

SAR

ヨーロッパの測定
頭部:1.14 W/Kg・人体:1.2 W/Kg

その他

オーディオジャック
あり
FMラジオ
あり
コンピュータと同期
あり
OTA同期
あり
テザリング
あり
VoLTE
あり

その他

ナビゲーション

対応
GPSA-GPSGLONASS北斗

USB

USB充電
あり
マスストレージ
あり

バッテリー

容量
3,340 mAh
種類
リチウムポリマー
急速充電とは
なし
その他
  • 内蔵式

ソフトウェア

OS
Android 8.0
  1. ホーム
  2. スマホメーカー一覧
  3. Huawei(ファーウェイ)
  4. Mate 10 Lite