ホームスマホ検索記事掲示板

Always On Display

Always On Display(AOD)は、スマートフォンがスリープ状態のときに限られた情報を表示するスマートフォンの機能です。 それはAndroid携帯電話で広く利用可能です。 一部のAndroidスマートフォンでは、この機能は、その実装と動作に応じて、アンビエントディスプレイまたはアクティブディスプレイと呼ばれます。 電話機の設計に応じて、交換機能または通知LEDを補完するものになる場合があります。

同じカテゴリの単語

インセル

インセルテクノロジーとは、2012年に登場したディスプレイの標準であり、スマートフォンなどのモバイルデバイスのフォームファクタを薄くすることができます。

Dinorex®

Dinorex®は、スマートフォンやタブレットをはじめ、これからの情報端末や機器に求められる数々の特長を備えた、先進のカバーガラスです。

HDR10

すべてはHDRから始まり、今ではHDR10、HDR10+(Samsungが導入)、DOLBY Vision、HLG(Hybrid Log-Gamma)など様々な用語があります。

ドルビービジョン

Dolby Vision(ドルビービジョン)は、DolbyラボラトリーズのHDRフォーマットで、Ultra HD Blu-rayディスクやストリーミングビデオサービスでオプションでサポートされています。

HDR10+

HDR10 + は、ダイナミックメタデータをHDR10ソースファイルに追加するハイダイナミックレンジ(HDR)ビデオテクノロジーです。

LTPS

低温多結晶シリコン(LTPS)は、従来の方法(900°C以上)と比較して比較的低温(約650°C以下)で合成された多結晶シリコンです。

ドルビーアトモス

ドルビーアトモス(Dolby Atmos)とは、ドルビーラボラトリーズ(Dolby Laboratories, Inc.)が開発したオブジェクトオーディオに基づくサラウンド記録再生方式である。

量子ドットディスプレイ

量子ドットディスプレイは、純粋な単色の赤、緑、青の光を生成できる半導体ナノクリスタルである量子ドット(QD)を使用するディスプレイデバイスです。

10bit パネル

10bit パネルには、RGBカラーごとに0から1023までの1024のグラデーションがあります(2の10乗)。

TOLパネル

TOL(タッチ オン レンズ)は、投影された静電容量式タッチパネルの構造層を減らし、タッチパネルをより軽く、より薄く、より費用効果の高いものにするタッチテクノロジーです。

インフィニティディスプレイ

インフィニティディスプレイは、サムスンのギャラクシーシリーズに導入された、事実上ベゼルのない特徴的な画面です。

  1. ホーム
  2. 用語一覧
  3. Always On Display