DxOMark(カメラ性能)ランキング

DxOMarkについて

DxOMarkとは

2008年に、サービスが開始されたDxOMarKはスマートフォン、レンズ、カメラを科学的に評価する研究機関です。多くのスマホメーカーは新しいスマホのカメラ性能をアピールするために、DxOMarKでのスコアを引用しています。様々な観点から測定されたスコアは写真や動画のクオリティを表し、スコアが高ければ高いほど良いカメラ性能を持っていることを意味します。スマホメーカー以外にもForbesやThe Verge、CNET等の大型メディアもDxOMarkがつけたスコアを引用し、記事を書くほど公信力があります。

DxOMarkの評価基準と評価方法

評価するためのテストは基本的にカメラのデフォルトモードで1,500枚の写真や2時間ほどの動画で行われます分析にかかる平均的な時間はおよそ10時間で、60人以上のエンジニアが取り掛かります。

評価は写真と動画に分けて行われ、写真の場合は露出、色、質感、ノイズ、AF(オートフォーカス)、人工物、フラッシュ、ズーム、ボケの9項目で評価されます。動画の場合は露出、色、質感、ノイズ、AF、人工物、安定性の7項目で評価されます。

DxOMarkの見方

現在、DxOMark以外にはスマホのカメラの性能を数字化している機関はありません。DxOMarkは測定基準と測定結果を公開しており、実際の結果画像が確認できます。こういった仕組みがスコアの透明性と信頼性を高めていると思います。

結果を確認した人の中には、自分が撮った画像とDxOMark側が撮った画像を並べスコアに疑問を持つものもいますが、これは主観的な意見と考えていいでしょう。

まとめますと、DxOMarkはスマホのカメラ性能が知りたい、比較したいという方にはとても役に立つ機関だと思います。