ホームスマホ検索記事掲示板

急速充電

最近発売されている人気のスマホのほとんどは、急速充電機能が付いています。 基本的なUSBポートは、接続されたデバイスに2.5Wの電流を送信し、高速充電器は、この量を上げる. 最新のデバイスは、通常、ボックス内の15Wの電源充電器で出荷されます。一部のメーカーでは、50W、80W、および100Wの充電器が販売されています。

急速充電の基準

スマートフォンに搭載されている各種急速充電規格。
  • USB PD(Power Delivery):すべての携帯電話にはUSB充電ケーブルが使われています。AppleのiPhone用のLightningケーブルでさえ、もう片方の端にはUSBが接続されています。20年前から共通の仕様となっているUSB2.0は、最大出力が2.5Wとなっています。USBポートにはより多くの電力を供給する必要があるため、USB PDという規格が作られました。USB PDの最大出力は100Wで、ほとんどのフラッグシップスマホに対応されています。すべてのUSB 4デバイスにはUSB-PD技術が搭載されます。
  • クアルコムのクイックチャージ(QC、Quick Charge):クアルコムのチップセットは、Androidスマホに最も広く使用されているチップセットであり、その最新のプロセッサは、同社独自のQuick Charge規格をサポートしています。最新のQuick Charge 4+は最大出力100Wです。
  • サムスン急速充電:サムスンのスマホ、特にギャラクシーシリーズで使用されています。最大出力が18Wで、バッテリーの寿命を維持するために充電速度を自動的に変更します。
  • OnePlusのワープ充電(Warp):OnePlusは、スマホを最大30Wまで充電する独自のワープ充電規格を使用しています。
  • オッポのSuperVOOC充電:50Wまでスマホを充電するOppo独自の標準です。

これらの技術のほとんどは、アダプタの電圧を上げることで充電速度を上げています。 例外なのは Oppo と OnePlus で、電圧ではなく電流を大幅に増加させています。この2社のスマホで急速充電を行うには、独自のケーブルを使用する必要があります。

同じカテゴリの単語

ワイヤレスリバースチャージ

ワイヤレスリバースチャージとは、ワイヤレス充電をサポートするリバースチャージで、スマートフォンなど二次電池を内蔵した機器が他の機器に電力を供給する機能です。

ワイヤレス急速充電

Qi対応のスマートフォンを最大27 Wでのワイヤレス充電することが可能。

ワイヤレス充電

ワイヤレス充電は、非接触動力伝達を利用してバッテリーに電力を供給する(充電する)技術です。

スーパーチャージ2

スーパーチャージはHuawei独自の急速充電規格であり、最大40Wの電力供給が可能です。

クイックチャージ3.0

クイックチャージ3.0は、Qualcommが2016年発表した急速充電テクノロジーです。

mCharge 4.0

mCharge4.0はMeizuの独自急速充電規格で、最大25W(5V/5A)の電力を転送できます。

TurboPower

Moto Zは、Type C USBの標準を対応するMotorolaテクノロジーであるTurboPower™を使用します。

クイックチャージ4

クイックチャージ4は、Snapdragon 835とともに2016年12月に発表されました。

Super VOOC 2.0

10 V / 6.5 A(65 W)のSuper VOOCの後継。

VOOC3.0

VOOC 3.0(2019)、VOOCより23.8%高速で、「新しいテクノロジーに基づく」と主張するテクノロジー。

Warp Charge 30W

WARP chargeは、BBK Electronicsが開発した独自の急速充電技術です。

Dash Charge 20W

Dash Chargeは、BBK Electronicsが開発した独自の急速充電技術です。

Qi

Qiは、ワイヤレスパワーコンソーシアムによって開発された、最大4 cmの距離での誘導充電を使用したワイヤレス電力伝送を定義するオープンインターフェイス規格です。

USB PD 2.0

USB Power Delivery Specification (USB PD) は、USB が現在の限られた電源能力を超えて、最大 100 W (5 A @ 20 V) のシンクまたはソースを供給する双方向電源になることを可能にします。

急速充電機能付きスマホ

  1. ホーム
  2. 用語一覧
  3. 急速充電