ホームスマホ検索記事掲示板
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. Appleスライド式のディスプレイを研究中

Appleスライド式のディスプレイを研究中

ガジェオタ編集部 • 2020-10-16 17:55

Apple(アップル)は、必要に応じてデバイスから引っ張り出したり、ロールアウトできるより大きなディスプレイ面積を持つiPhoneのディスプレイを研究しています。

今、新たに明らかにされた特許出願は、柔軟なスクリーンがどのように収容できるかを示していますので、デバイスから引き出してディスプレイエリアを増やすことができます。

「スライド式の拡張可能なディスプレイを備えた電子機器」は、ディスプレイに表示できる面積の問題に対処することを目的としたアップルの特許出願です。注意を払わなければ、ディスプレイは、ユーザーが興味を持つ情報を表示するのに十分な画面領域を提供しない可能性があります。

同時に、電子機器のサイズを大きくして大きなディスプレイに対応するのは難しい場合があります。これは、機器がかさばりすぎる可能性があるためですと出願に書いてあります。

Appleが提案する解決策は、ディスプレイをハウジングに入れ、それと画面を「互いにスライドさせる」ことです。 Appleは、これが「有機発光ダイオードディスプレイなどのフレキシブルディスプレイ」にどのように適用されるかについて具体的に言及しており、画面は「1回または2回それ自体で2倍になる可能性がある」と述べています。

その説明と図面は、ハウジングの内外にスライドする、より剛性の高いディスプレイの可能性にも適合します。ただし、ほとんどの図面は、「フレキシブルディスプレイのダブルバック部分をハウジングの内部に格納する方法」を示すローラースタイルのメカニズムを示しています。

この特許出願では、このようなスライド式ディスプレイの回路に関するさまざまな可能性と、使用できるセンサーについて詳しく説明しています。OLEDやLCDなどの特定のタイプのディスプレイに関する問題に加えて、オーディオコンポーネントの可能性もあります。

ただし、すべてのバリエーションで、Appleの提案は、表示可能なディスプレイを備えたデバイスを用意し、それを引き出してより大きな画面を形成することです。

「コンパクトなサイズが必要な場合は、デバイスを調整してコンパクトにすることができます」と特許出願は述べています。 「一例として、デバイスおよびディスプレイは、曲げ軸を中心に内向きまたは外向きに折りたたむことができます。別の例として、スライドまたはスクロールディスプレイ構造は、デバイスサイズが最小になるように格納することができます。」

「その後、大きな画面サイズが必要な場合は、デバイスとディスプレイを展開することができます...またはディスプレイを1つまたは複数の方向に横方向に拡張することができます」と続けます。

この分野でのAppleの以前の研究には、「ラップアラウンド」ディスプレイの可能性が含まれています。 また、衣類にクリップで留めることができるものを含め、折りたたみ式iPhoneに関連する多くの特許を申請しています。

Source : appleinsider

シェア

ガジェオタ編集部による記事です。ガジェオタは、国内スマホ・海外スマホを網羅した、日本最大級スマホデータベースです。スマホのスペック・価格・発売日・レビュー・口コミ・Antutuを全て網羅したサイトで、比較やランキングでおすすめの機種を見つけることができます。

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. Appleスライド式のディスプレイを研究中