ホームスマホ検索記事掲示板
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. Galaxy Tab S7/S7+の詳細仕様は?|12.4インチ/11インチ、Snapdragon 865+搭載

Galaxy Tab S7/S7+の詳細仕様は?|12.4インチ/11インチ、Snapdragon 865+搭載

ガジェオタ編集部 • 2020-07-28 18:49

韓国メディアによると、Galaxy Tab S7は基本モデルとプラス(+)モデル2種で発売され、色はミスティックブラックとミスティックブロンズ2種類で発売される見込みだ。

Samsung(サムスン)が下半期新製品の代表色で打ち出しているミスティックブロンズがタブレットにも適用されることになる。

Galaxy Tab S7が、今回のアンパックイベントで公開されるのかはまだ不明だが、今までタブレット製品は、アンパックイベントの後に時差を置いて公開と発売がされてきたのでもう少し待つことになると予測される。

Galaxy Tab S7+はGalaxy Tab S7シリーズ初12.4インチの大画面ディスプレイを採用して、iPod Proと勝負を繰り広げると予想されている。

サムスンが昨年公開したフラッグシップタブレット「Galaxy Tab S6」画面は10.5インチだった。Apple(アップル)は、今年の初め、11インチと12.9インチの画面のiPod Proを発売している。

リークされた画像

現在までに出てきた情報を総合するとGalaxy Tab S7基本モデルは、11インチの低温ポリシリコン(LTPS)TFTディスプレイを、Galaxy Tab S7+は12.4インチ能動型有機発光ダイオード(AMOLED)ディスプレイをそれぞれ搭載する。

解像度は2560x1600で、毎秒120枚の画像を示す120ヘルツ(Hz)のリフレッシュレートを誇る。

また、両モデル共にQualcommのSoC「Snapdragon 865+」を搭載し、128ギガバイト(GB)のストレージ容量を提供する。マイクロSDカードスロットを介して、最大1テラバイト(TB)まで拡張が可能だ。

Galaxy Tab S7+」は、最大16時間のビデオ再生が可能で、最大45ワット(W)の高速充電に対応いる1万90ミリアンペアmAh大容量バッテリーを搭載する。厚さは5.7mmであり、重さは590gだ。

一方で「Galaxy Tab S7」は、最大15時間のビデオ再生が可能な7040mAhのバッテリーを搭載する。厚さは6.34mmであり、重さは495gだ。

両モデルとも、背面には、1300万画素カメラと500万画素超広角カメラで構成された背面のデュアルカメラを搭載し、フロントカメラは800万画素だ。

Galaxy Tab S7+には画面指紋認証が、Galaxy Tab S7側面指紋認証が搭載される。

Source : zdnet

シェア
ガジェオタ編集部による記事です。ガジェオタは、国内スマホ・海外スマホを網羅した、日本最大級スマホデータベースです。スマホのスペック・価格・発売日・レビュー・口コミ・Antutuを全て網羅したサイトで、比較やランキングでおすすめの機種を見つけることができます。
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. Galaxy Tab S7/S7+の詳細仕様は?|12.4インチ/11インチ、Snapdragon 865+搭載